システムエンジニアの世間とのギャップ

システムエンジニアになってみると、思っていたよりコミュニケーション能力が重要になったりギャップを感じる事が多い。これは、世間でイメージされるようなシステムエンジニアと実際で違いがあるからだ。まず、世間のイメージではパソコンに向かって、ずっとシステム開発している感じである。ところが、実際はチームで作り要求分析や要求定義から設計を行い、プログラミングはプログラマーに任せる。そしてテストも仕事の内容だ。このように、チームで活動し顧客からも話を聞くため、コミュニケーション能力がどうしても必要になる。

また、中小企業では客先常駐という働き方があり、派遣される事が多いのもギャップになる。新卒の方で、客先常駐という働き方を知らないというケースがよくあるからだ。この場合は、企業側にはメリットが大きいものの、エンジニアには負担が大きくなるため辞めたいという人も多くなっている。客先常駐の場合は常に新人として派遣先に行くためストレスが大きくなるし、お客様先なので常に緊張するからである。

ただし、客先常駐の経験があると転職の際に有利になるので、転職ではあまり困らない。それを利用して、まったく経験のない人が実績を作ってステップアップに利用することもできる。このように、システムエンジニアの世間とのギャップはパソコンだけに向かっているだけでなく、チームとして活動するのでコミュニケーションが重要になる。また、客先常駐という働き方が中小企業には多いことだ。

コメントを残す