激務で仕事を辞めたい技術者の転職先探し

激務にさらされているシステムエンジニアは、責任感から厳しい環境で無理に仕事を続けるよりも次の仕事を探した方が本人のためになる。辞めたいと考えている仕事を無理を続けても労働力を疲弊し、やがては過労に陥る事態にもなりかねない。しかし危惧されるのは、新しい職場に転職したにもかかわらず次の場所でもまた忙しく働かなければならない事態である。IT業界ではシステムエンジニアにとって激務な労働環境の職場は珍しくはない。そのため転職先でも同じような状況が続く可能性は否定ができない。

そこで転職時には、次の仕事先の労働環境がどのような場所であるか慎重に就職先を探さなければならない。頻繁に求人案件を出しているような職場は、エンジニアの出入りが激しく仕事が忙しい可能性が高い。また長期間に渡り求人案件が出ているにもかかわらず、新しい人材が見つかっていない職場に対しても注意を要する。人材が集まらない職場は実際に仕事が忙しいケースがよくあり、求職者たちからすでに厳重に警戒されている。

そのためあえてリスクを冒して、仕事が忙しく辞めたいと感じてしまうような仕事先は避けた方が賢明である。仕事が忙しくない転職先探しは苦労はする。しかし求人案件を良く調べてみれば、理想的な労働環境の転職先が見つからないわけではない。賢く転職先を選んでいるシステムエンジニアは、余裕あるスケジュールで開発の業務をこなし充実した毎日を送っている。
このように、理想的な労働環境の仕事先探しをする際には、十分な下調べが重要となってくる。

コメントを残す